知っておきたい20代の保険の選び方

1.保険の役目|20代から保険は必用?

あなたの身にもしものことが起きた時、経済的な穴埋めをするのが「保険」です。保険で穴埋めが必要なものに、基本的には下の3種類があります。

  1. 家族への保障:最悪の場合、あなたが亡くなった際に残された家族が必用とするお金
  2. 医療費の備え:病気や怪我になったときの医療費を補うお金
  3. 収入の備え:長期間働けなくなった時、必用な生活費を補うお金

20代で独身のうちは家族への大きな保障は必要ありませんので、特に医療費や収入面の備えを重視した必要最低限の保険に加入しておけば万が一の時に安心です。

2.保険を選ぶ基準|保険選びは慎重に!

A.最適な保険は生活状況によって違います。

理由は独身・既婚・子どもの有無・住宅ローンの有無などによって必用な補償額が大きく変わるからです。いまはライフスタイルや社会環境の変化が激しい時代なので、何十年も先を見た計画は困難です。定期的に保険の見直し、その都度適した保険を選ぶことが重要になってきています。

B.闇雲に保険に入る必要はありません。

古くからある生命保険の多くは若いうちに「もしも」がある事を前提にしたプランが組まれています。逆に言うと、若いうちにもしもの事がなければ損をしてしまうということです。とてもわかりやすく説明してくれている動画がありますので、紹介させてもらいます。

「お金の学校」テーマ「生命保険はいらない!?」

保障が必要な世代や額を十分把握して、必要な分の保険を掛け、必要ない保険は掛けないことが節約のポイントです。

3.保険会社、プラン選びの前に|保険の比較は結構複雑・・・

A.保険会社、プランが多すぎて、しかも複雑

ここでようやく保険会社・プランを選ぶ段階になりましたが、保険会社は数十社もあり、各社のプランを考えればば数百種類以上もプランがあります。保険の額、範囲、期間などについて内容を正しく把握するのも簡単ではありません。

B.保険を比較したいが・・

人気の保険会社から数社選んで、資料を送ってもらうこともできますが、補償額やプラン内容を各社が一律に揃えているわけではありませんので比較するのは実際は結構大変です。例えば「安さ」を基準に選んだとしても保障範囲が狭かったり補償額が低すぎて、もしもの時に役に立たなかったら大変です。

4.いちばん簡単で、お得な保険を選ぶ方法

必用な保険の種類・補償額は無料の保険相談で教えてもらえる!

保険相談というのは、どこの保険会社にも属していないファイナンシャルプランナーなどの保険の専門家に、保険について直接対面で相談できるサービスのことです。

ショッピングモールや市街地では店舗をよく見かけますし、テレビCMも流れているので最近ようやく認知されるようになってきました。

無料相談を受ければ、

  1. あなたにはどんな備えが必要なのか
  2. 必用な補償額はいくらくらいか
  3. それらをできるだけ安く抑えるにはどんな保険プランがあるのか

を数十社の保険会社の中からピックアップして教えてもらえます。相談だけでもOKなので、加入しなくても大丈夫です。

私なら日本で最大手の保険相談サービスの「ほけんの窓口」や、訪問してもらって相談を受けたい場合に便利な「保険マンモス」などで相談を受けると思います。

どちらも相談だけでもOKというスタンスなので、いつ何度でも無料で相談できます。気に入った保険があればそのまま契約することもできますし、提案してもらったプランを参考に改めて自分で考えてみることもできます。

いずれにせよあなたに必用な補償額や、保障の種類などをタダで教えてもらえますので役に立つのは間違いありません。





20代の保険、オススメの選び方

年間利用者数十万人、もはや「保険相談」は当たり前

保険相談とは資産管理の専門家(フィナンシャルプランナー)から無料でアドバイスを受けることができるサービスです。フィナンシャルプランナーはどこの保険会社にも雇われておらず、数ある保険商品の中からあなたの目的や状況に適切な保険を無料で紹介してくれます。

ほけんの窓口
ほけんの窓口は保険相談サービスの業界最大手です。

保険マンモス
経験豊富なフィナンシャル・プランナーを多く、利用者の満足度が高いところが特徴です。訪問してもらって相談を受けるタイプの代表格です。

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ